仮想通貨(ビットコイン)とICOの法規制


こんちは!今日も張り切っていきましょう!

 

飛躍的に拡大する仮想通貨市場の流れをうけて、各国で仮想通貨についての法の整備が進んでいます。

 

仮想通貨は世界中で取引が行われているため、それぞれの国で法律やルールができると、
それが仮想通貨自体の価格にも影響してきます。

 

例えば、2017年9月4日、中国人民銀行はICOが違法な資金調達方法であるとして、
今後のICOを全面的に禁止すると発表しました。

 

 

 

 

 

 

ICOとは??

————————————–
◎ICO(アイ・シー・オー)とは・・・?

仮想通貨版IPOのこと。

上場前の仮想通貨を購入することができます。

————————————–

中国政府が規制に乗り出した背景には、ICOによる詐欺被害防止が
目的であると思われます。

 

ICOは仮想通貨を使って安い手数料で効率よく資金調達できる一方で、
資金集めの詐欺が横行する面をもつのも事実であるからです。

 

法規制に乗り出す国が出てくるということは言い換えれば無視できないほど
ICOや仮想通貨の市場規模が大きくなってきている

 

ということでもあります。

 

 

ーーーー

※ オススメICO情報 ※

高確率ねらい目のICOをご紹介します!

上記は、筆記人が吟味したおすすめICOです。

※icoはすべて詐欺ではないのでホワイトペーパーなどを調べて自己責任で取引してください、

そうやって探すと見つかります。

お宝ICOはあるのです。

ーーーーーーーー

 

 

 

 

仮想通貨が大暴落

ICOで資金集めの詐欺が横行し、これを受けて仮想通貨の価格は一時急落し、米情報サイトでは、仮想通貨全体の時価総額で
約2兆円分がなくなくなったと報じました。

 

2017年8月時点での市場全体の規模は、11兆円程でしたからいかに法規制が大きな影響を
与えるかということがわかります。

 

このように法規制によって取引にも影響がでて、価格も大きく左右されます。

 

これからも各国の法規制の動きにも注目していくことが大事になってきます。

 

 

 

今回は注意すべき仮想通貨市場についてお話ししました、

参考になれば幸いです。

 

あなたは仮想通貨(ビットコイン)を買いますか?買いませんか?

 

ーー

おすすめ仮想通貨取引所はこちら↓(口座管理料、無料です)

【取引高1位】仮想通貨取引所

BINANCE(バイナンス)

価格の安いアルトコインも取り扱っています。”億り人”を目指す方には絶対おすすめです。