ビットコインって買うにはどうするのか?

ビットコインはどうやって手に入れるのか?

仮想通貨の”販売所”と”取引所”の違いをまとめてみました。

 

 

ビットコインは仮想通貨専用の「取扱所」で

購入することができます。

 

取扱所と一口に言っても

「販売所」と「取引所」の2種類があります。

 

それぞれのメリット・デメリットを

見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨「販売所のメリット、デメリット」

仮想通貨販売所を一言で説明すると

販売所が所有している仮想通貨を売買します

 

◎販売所のメリット

欲しい分の仮想通貨を提示価格で

確実に売買できる

 

△販売所のデメリット

販売所の提示価格でしか

買ったり売ったりできないため、

買う場合は「割高」に、売る場合は「割安」になる

 

 

要するに、

〇販売所はすぐ買える、すぐ売れる。しかし割高である。

 

 

 

 

 

 

仮想通貨「取引所のメリット、デメリット」

仮想通貨取引所を一言で説明すると

仮想通貨を取引所利用者同士で売買できます

 

 

◎取引所のメリット

売買したい価格を指定して購入できる

 

△取引所のデメリット

・相場の動きによっては約定までに時間がかかる

・指定した価格で取引に応じる人がいない限り売買が成立しない

 

要するに、

〇取引所は売買価格は自由に決められるが、指定価格が相場に合わないと売買されない。比較的安い手数料。

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

販売所と取引所どちらがよいのか?

仮想通貨の販売所と取引所を比較してみると、

・今すぐ欲しい・数量スピード重視なら →「販売所」

・自分で価格を決めたい・値段重視なら →「取引所」

といった特徴があります。

 

どちらを重要視するかは個人の判断とその時の値動き相場によって左右されますので、うまく使い分けてください。

 

 

日本国内取扱所には

BitFlyer(ビットフライヤー) や coincheck(コインチェック) など ”販売所”と”取引所” を兼ねた「取扱所」もあるので、

値動きや相場など、その時々に応じて”一社の取扱所”で使い分けも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全に売買できる仮想通貨取引所、販売所の見分け方

日本の販売所は仮想通貨を利用する人が安全に売買できるよう、

4月1日に施工された仮想通貨に関する法律で、

取引所や販売所、代理店などの仮想通貨交換事業者は

登録制になりました。

 

登録されるためには金融庁からの認可を受けなければならず、

登録後も定期的な監査と報告の義務があります。

 

現時点で登録されているのは

BitFlyer(ビットフライヤー)  や   Zaif(ザイフ) 、GMOコインなどの大手取扱所も含めて

15か所です。

 

金融庁から認められたということは

国が認めた仮想通貨取扱所ということですから、

 

これなら安心して取引ができそうですね。

 

―――

さきほど挙げた coincheck(コインチェック) は、申請中で登録待ちの状態です。

【コインチェック サイトより抜粋】

現在の状況としましては、該当機関との最終調整を行なっている
段階にございます。ご利用中の皆様におかれましては、
ご心配をおかけいたしまして申し訳ございません。

上記の通り、今後につきましても通常通りサービスを提供することが
可能でございますため、引き続きご贔屓のほど、何卒お願い申し上げます。
(2017年12月調べ)

 

 

まずは取扱所を開設してビットコイン仮想通貨に触れてください。

実際に入金するかは後でもできますので・・・。

 

〇下記は作者も使用している仮想通貨の販売所、取引所です。

よろしければ、参考にしてください!

ーーーー

おすすめビットコイン取扱所はこちら↓(いずれも登録、口座管理料、無料です)

 

●日本大手企業(東証一部)もBITCOIN始めました↓(GMOコイン)


 

―――

【取引高1位】仮想通貨取引所

BINANCE(バイナンス)

価格の安いアルトコインも取り扱っています。”億り人”を目指す方には絶対おすすめです。

―――