ビットコイン(BTC)で初めて値段がついたものって?


ビットコインで初めて値段ついたもの

それは

何でしょう!

 

Thinking Time!….10秒…………..

:

:

:

:

:

:

:

:

:

:

:

それは

 

:

:

:

:

 

 

 

 

 

 

ピザ

 

 

 

です。

 

そう、あの丸くチーズがのった薄い食べ物のピザでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコインの成り立ちとエピソード

 

ビットコインの成り立ちとエピソードをひも解きますと

2010年5月7日「ピザ2枚の交換」から

始まったという話にたどり着きます。

 

 

当時25ドル(約2,800円相当)のピザを

1万BTCと交換したとのことですから、

 

まだ、1BTCが1円にも満たなかった頃のお話です。

 

 

このときにBTCを買えれば、、、

なんて思うかもしれませんが

さすがに無理ですね。(笑)

 

今のように取引所なんてなかったですし。。

 

 

ビットコインが生まれたのは2009年。

そして、2010年にピザ2枚を1万BTCで取引されて、

 

始めて名がついたといわれています。

 

 

その後、世界中で取引されるようになり、

 

現在のように1BTC=200万円を超えるようになりました。

 

 

ちなみに

1万BTCは今では ¥20,000,000,000(  2百憶円 )です,

 

すごすぎます!

 

 

ーーーー

 

これからもたくさん仮想通貨が生まれていくことでしょう、

あなたも第2のビットコインを探してみませんか?

 

おすすめビットコイン取引所はこちら↓(いずれも登録、口座管理料、無料です)

ーーーー

【取引高1位】仮想通貨取引所

BINANCE(バイナンス)

価格の安いアルトコインも取り扱っています。”億り人”を目指す方には絶対おすすめです。

ーーーー